ムロイの家づくり/ムロイハウジング~那須塩原市の注文住宅

強い家とは

地震や台風などの外からの力に耐えられるという事が重要です。
その為に点で支える耐力よりも、面で力を分散させる耐力が有効とされております。これをモノコック構造といい、さらに当社が採用している面材には断熱性、気密性を兼ね備えたパネルとなっております。

私たちは、この優れたパネルを大工経験を活かし、確かな技法で施工する事により、ムロイのファミリーの安心を守ります。

家の中の温度差を少なくする事で、快適な暮らしはもちろんですが、ヒートショックも防げます。温度差を無くすには性能の高い断熱材を使用し、さらに住宅の隙間を無くす事が重要です。どんなに優れている断熱材を使用していても、隙間があっては温度差を無くす事はできません。
私たちは、より良い部材の選定や隙間を作らない技術によりムロイのファミリーの快適・安全を守ります。

換気とは

室内の空気をキレイに保つ事は、家族の健康において非常に大切な事です。そして、カビ・ダニの発生を抑えるには、空気のよどみを無くす事も必要です。 計画換気により、空気の流れのムラ・よどみを無くし、さらに熱交換換気システムにより、室内の温度を変化させる事なく、新鮮な外気を取り込む事ができます。 私たちは、室内の空気を快適に保つ事により、ムロイのファミリーの健康と快適を守ります。

ムロイの家づくりムロイの家づくり

パッシブファースト

住宅の性能を設備機器だけに頼るのではなく、断熱・気密・通風・採光・遮光といった自然環境を考慮した、住宅自体が持つ基本性能を優先する考え方をパッシブデザイン住宅といいます。
断熱・気密の性能を上げる事と同時に、通風・採光・遮熱を活かし、住宅で使用するエネルギー(冷暖房など)を少なくする設計をご提案致します。そうすることでランニングコストも抑えられます。
私たちは、地域の特徴を活かしたプランとランニングコストが低い住宅をご提案致します。

那須塩原市で
パッシブデザイン住宅を建てるなら

那須塩原市は夏季の最高気温は40℃前後になり、冬季の最低気温は−10℃と気温差の大きい地域です。
冬季は那須連山の北からの吹き下ろしにより、北西からの冷たい風が比較的強く吹きます。那須塩原市でパッシブデザイン住宅を計画する際は、他地域にも言えますが、夏の日差しを家に入れず、冬の日差しを多く取り込むこと。さらに、風の流れを作ることが大切です。

那須塩原市でパッシブデザイン住宅を建てるなら
那須塩原市でパッシブデザイン住宅を建てるなら

建物の南側に大きな開口部を設けて、冬の寒い時期にはより多くの人太陽光を室内に取り込みます。

また、庇を計画的に設置することで、夏の高い位置からの太陽光(※夏は太陽の位置は高く差し込む光の角度は急になり、冬は太陽の位置は低く差し込む光の角度は緩やかになります。)を遮ることで室内の温度上昇を抑えます。

パッシブデザイン
パッシブデザイン

那須塩原市でパッシブデザイン住宅を建てるなら

室内が暑くなったり、寒くなったり温度変化が起こる主な原因は窓です。

室内が暑くなったり、寒くなったり温度変化が起こる主な原因は窓です。窓からの日差しが室内の温度を上げ、窓から熱が逃げることで室内の温度が下がります。何故なら、窓には断熱材を入れることができないからです。
南側の窓を大きく設けて、冬のために太陽光を取り込み、西側東側の窓を小さくすることで冬に室内の気温を逃さない。
北側には窓を設けない場合もあります。東、西、北の窓を小さくするまたは設けないことで夏は暑い日差しが室内に入ることを遮ります。
計画的な窓の設置は、自然な風の流れを生み出します。夏の暑い空気は上にたまります。南側の大きな開口部から風を入れて東側西側の高い位置に設置した小さい窓から風を逃す、風の通り道をつくります。


+ Super Wall

これらパッシブデザインに加えて、スーパーウォール工法を用いることで自然環境を考慮しつつ自然の力をより効率的に活用し、住宅性能をあげることができ、快適に過ごすことができます。

パッシブデザイン

活用できないケース

いくら、パッシブデザインを取りれても自然の力が活用できない土地もあります。先日相談を受けたお客様も既に土地を購入され建築の相談でしたが、敷地南側に将来必ず建物が建つ土地であり、東側・西側には既に建物が建っていました。これでは、いくらパッシブデザインの考え方を用いても、光と風を確保することが難しいことをお伝えいたしました。

こんなことが起こらないように・・・

那須塩原市でパッシブデザイン住宅を建てるなら

土地探しからご一緒に!

こういったことがお客様に起こらないように、私たちは建物のことを相談いただく前に土地探しからご一緒いたします。
気になる土地を購入前に一緒に見に行くことで周辺環境や状況、敷地に対してどの様に建物を配置することがベストかを事前に検討ができます。建物のデザインや間取りはどのようにも変えることができますが、土地は変えることができません。

那須塩原市でパッシブデザイン住宅を建てるなら
ムロイの家づくりについてもっと知りたい方は「家づくり教室」へどうぞ!
家づくり教室へのお申込みはこちら